公開講演会「ヴィーナ・ダス 精神疾患と正常化/規範化の権力―インド・デリーの事例から」を開催しました。

2016年1月9日(土)、公開講演会「ヴィーナ・ダス 精神疾患と正常化/規範化の権力―インド・デリーの事例から」を開催しました。1月10日(日)にはPh.D Workshopを開催し、ヴィーナ・ダスさんとラン・ツヴィゲンバーグさんにコメントをいただきました。ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

click to enlarge「ヴィーナ・ダス 精神疾患と正常化/規範化の権力―インド・デリーの事例から」 講師:
ヴィーナ・ダス(ジョンズ・ホプキンス大学教授)
コメンテータ:
田辺明生(京都大学大学院・アジア・アフリカ地域研究研究科・教授)
ラン・ツヴィゲンバーグ(ペンシルバニア州立大学・助教)

主催:
京都大学人文科学研究所(全国共同利用・共同研究拠点「人文学諸領域の複合的共同研究国際拠点」)

コメントは受け付けていません。