2016年11月30日
by Miho ISHII

坂野徹・竹沢泰子編『人種神話を解体する2(科学と社会の知)』が東京大学出版会から刊行されました。

坂野徹・竹沢泰子編『人種神話を解体する2(科学と社会の知)』が東京大学出版会から刊行されました。「第五章 インドにおける血液、贈与、共同体―有徴化と匿名化のはざまで」を担当しています。

  • 石井美保「第五章 インドにおける血液、贈与、共同体―有徴化と匿名化のはざまで」pp139-155

『人種神話を解体する2(科学と社会の知)』
坂野徹・竹沢泰子 編
東京大学出版会
『人種神話を解体する2(科学と社会の知)』

2016年10月31日
by Miho ISHII

TEDxKyoto University 2016でお話ししました。

短時間のトークで、かなりシンプルな図式になってしまいましたが、世界の「しくみ」や「しかけ」に着眼する人類学の視点についてお話ししています。

Miho Ishii studies religious practices including spirit possession, magic and witchcraft. While at Hokkaido University, she went into the field of cultural anthropology for her love of fieldwork. As part of her PhD coursework at Kyoto University, she conducted extensive fieldwork in the cocoa-producing migrant societies of Southern Ghana. Since April 2010, she has held the position of associate professor at the Institute for Research in Humanities, Kyoto University. Her present research focuses on the inter-relation between būta (spirit) worship and developmental projects in Karnataka, South India.
Her major works include “Frontier of spirits: ethnography of ‘occult phenomena’ in migrant societies of Southern Ghana” and “Anthropology of Religion”.
(スピーカー紹介ページより抜粋)