石井美保研究室

Institute for Research in Humanities, Kyoto University

2014年7月16日
by Miho ISHII

図書新聞(3167号)にエッセイが掲載されました

図書新聞(3167号)にリレーエッセイ「第一次世界大戦を考える(28)マーシャル・レイスと『小公女』―異郷で闘うインド人兵士を支えたものは何か」が掲載されました(今のところログインが必要ですが、しばらく経つとフリーで読めるようになると思います)。

2014年4月11日
by Miho ISHII

山室信一・岡田暁生・小関隆・藤原辰史編「世界戦争(現代の起点 第一次世界大戦 第1巻)」が岩波書店から刊行されました。

山室信一・岡田暁生・小関隆・藤原辰史編「世界戦争(現代の起点 第一次世界大戦 第1巻)」が岩波書店から刊行されました。第二章「イギリス帝国とインド人兵士―『マーシャル・レイス』にとっての第一次世界大戦」を担当しています。

世界戦争(現代の起点 第一次世界大戦 第1巻)
山室信一・岡田暁生・小関隆・藤原辰史編
世界戦争(現代の起点 第一次世界大戦 第1巻)

2014年4月7日
by Miho ISHII

AnthroPod from Cultural Anthropology: Episode 7- Worlding with the Body

The 112th AAA Annual Meeting@シカゴで行ったパネル発表についてのインタビューがAnthroPodにアップされました。

In this episode of AnthroPod we return again to the annual American Anthropological Association meeting, held in Chicago in November 2013. Showcasing the Society for Cultural Anthropology sponsored panel entitled “Worlding with the Body,” this episode features interviews with the five panelists who engage cultural anthropologist Mei Zhan’s notion of “worlding.” The five panelists consider how the concept of ”worlding” –– that is, how bodies are not simply objects that exist within the world, but agents that operate to partially make it – can help reveal new details about their diverse fields of research.